【うどん】京都市伏見区にひっそりとある「一休」は知る人ぞ知る名店。一度食べたら病みつきになる美味しさに感動

【うどん】京都市伏見区にひっそりとある「一休」は知る人ぞ知る名店。一度食べたら病みつきになる美味しさに感動

【店名】
一休
【所在地】
京都市伏見区

【性別】女性
【年齢】33歳
【職業】自営業


【お店を知ったきっかけ】
会社の隣にあったから。
近所で仕事を始めますと挨拶がてら行ったときにうどん屋さんと分かって後日行ってみようと思ったから。

【誰と行ったか】
主人と行った




【お店の雰囲気】
准工業地帯の真ん中にあり、駐車場は4台停められる。
知る人ぞ知るという感じの店なので、一見さんは入りにくいかもしれない。
座席はカウンターのみで、おばちゃん一人でやっている。
お茶は出してくれる。
忙しくなったり、うどんが茹で上がっていないと待ち時間が長い。
忙しくなるとおばちゃんの愛想が悪くなる。
支払い方法は現金とpaypay。

【注文したもの】
肉きんぴらカレーうどん




【感想】
具は肉ときんぴらごぼうとネギのみ。
具は多めだが、具を半分にすることもできる。
具はカスタム出来るので、生卵を入れたり、天ぷらをのせたりすることもできる。
カレーにトロミがあるので、うどんとよく絡まって美味しい。
肉ときんぴらごぼうが甘めなので辛いカレーとよく合う。
うどんは讃岐うどんのようにコシがあり、もっちりしている。
太さは太い。
普通ならうどんだけでは物足りないなと思うが、ここのうどんはお腹いっぱいで腹持ちがいい。
食べ終わる頃にはトロミもなくなってきてシャバシャバになるが、それはそれでスープとして楽しめる。
特にカレーうどんはトロミがあるのでなかなか冷めないから最後までアツアツで食べることができる。
うどんは大盛りができる。
器は茶色い、大きめの器。




【他のメニューやトッピングなど】
うどん以外にはそば、白ごはん、炊き込みご飯がある。
白ごはん、炊き込みご飯ご飯を頼むとお漬物がついてくる。
卓上には醤油と一味と七味が置いてある。
もともと決まったメニューがあるわけではなく、うどん、そばを選んで自分でトッピングを決めていくスタイルなので、毎回違うトッピングで楽しむことができる。




【エピソード】
会社の隣にあるのでしょっちゅういくようになった。
お客さんが多かったりすると、時間を空けて行くようにしている。
初めてカレーを食べた時は辛すぎて食べられなかったが、だんだん慣れてきて何回もリピートして食べている。
日によってカレーの辛さが違う。
最近は辛さが増している気がする。
普通の出汁のうどんもあるが、行くとついついカレーを頼んでしまう。




【知人の評判】
子供の友達のお母さんは美味しかったけど、ガラガラだったのに結構待ち時間があったと言っていた。
主人の知り合いの方は、カレーうどんが辛すぎてびっくりしたと言っていた。
また違う人は、注文する前から「うどん?そば?」と聞かれて焦ったと言っていたが、味は間違いない。




【他との比較】
とにかく出汁がおいしい。
カレーうどんなのに出汁の味がしっかりしているのでクセになる。
また、うどんも自家製で圧力釜で茹でているので、もっちりしているのにコシがある。
他のうどん屋と比べるとやはり麺がダントツでおいしい。
トッピングが自由に選べるのもいい。
自分のオリジナルのうどんを作れるし、カレーの辛さもトッピングで調整できる。




【価格と満足度】
価格は他のうどん屋に比べたら高めだが、それくらいの価値はあるので満足度は高い。
安いお店ではないので、お客様も安い客がいないのでいい。




【期待すること】
おばちゃんも歳なので、できるだけ長く続けてほしい。
後継者がいないのでおばちゃんが辞めたら終わりになってしまうので勿体無いなと思う。
可能ならば、お昼にパートさんを一人でも入れて、おばちゃんの負担を減らして、回転率を上げてほしい。
時間に余裕がある時じゃないと行きづらいので、そこを改善してほしい。
あとは、カレーの辛さを一定にしてほしい。



他のお店にはない満足感を得られる。
自分好みのうどんを食べられる。
出汁が美味しいので、普通のうどんも食べてもらいたいが、一回食べたら病みつきになるカレーうどんを是非とも食べてもらいたい。
常連さんが頼むのは肉きんぴらうどんが多いので、初回是非そのうどんを食べてもらいたいが、2回目、3回目は自分の好きなようにトッピングを楽しんでもらいたい。

一休
京都市伏見区
女性・33歳・自営業
【うどん】京都市伏見区にひっそりとある「一休」は知る人ぞ知る名店。一度食べたら病みつきになる美味しさに感動