香川県高松市「宮武うどん」。透き通った優しい出汁は、間違って化粧品として塗っても問題ないほどの優しさ!うどんは勿論、トッピングにも妥協一切なし!絶対食べるべし!

香川県高松市「宮武うどん」。透き通った優しい出汁は、間違って化粧品として塗っても問題ないほどの優しさ!うどんは勿論、トッピングにも妥協一切なし!絶対食べるべし!

【店名】
宮武うどん
【所在地】
香川県高松市円座町340

【性別】男性
【年齢】34歳
【職業】会社員


【お店を知ったきっかけ】
年末年始の旅行に四国に行くことになりました。
過去に四国には仕事であちこち回ってたのでそれなりに土地勘もありましたが香川でご当地のうどんを食べることが殆どありませんでした。
せっかくなのでうどんを食べに行こうとなり、年末年始に空いてる店を探した結果、このお店を見つけました。

【誰と行ったか】
彼女と2人で




【お店の雰囲気】
高速のインターを降りて一本道を真っ直ぐ進んだ左手にお店はあります。
駐車場は20台ほどで昼の11時過ぎに着いたのですが既に20人弱ほどの行列が出来てました。
少し雪もチラつく気候で寒かったのですが、お店の配慮で妊婦さんと高齢者の方は先に中に入って座って待てる様な対応をされてました。
一般的なセルフサービスのうどん屋の様なシステムです。

【注文したもの】
かけうどん
釜揚げうどん




【感想】
自分が注文したかけうどんは小・大・特大とサイズが選ぶ事が出来ます。
いろんなモノを食べて回ろうとしてたので小を頼みましたが、普通にひと玉ありました。
透き通る出汁は濃ゆすぎず薄すぎずの優しい味で、めんの方は凄いモチモチしており、食べ応え抜群です。
彼女が頼んだ釜揚げうどんは、見た目はただ桶にお湯とうどんを入れただけの様なモノでしたが、うどんの良さというか、小麦の甘みを楽しむのには一番適したメニューだったみたいで、凄い甘かったです。
基本、うどんは出汁とトッピングを入れて食べるのがポリシーな自分ではありましたが、こちらの釜揚げうどんはその考えを覆す様な味でした。
味の評価としましては、インパクトのあるうどんというモノではありません。
ですが、美味い白米を何も付けずそのまま食べるかの様にスルスルと胃に入っていくような美味しさです。




【他のメニューやトッピングなど】
トッピングも沢山並んでいましたが、こちらのお店のオススメはカニカマの天ぷらでした。
結局、唐揚げ、カニカマの天ぷら、チーズコロッケ、ちくわの磯辺揚げの4品を注文しました。
頼みはしませんでしたが、醤油うどんというものもあり非常に気になりました。




【エピソード】
彼女が初めて香川に来たという事もあり、かなり気合いが入ってました。
と言うのも、この旅行の3ヶ月前に会社の後輩達を連れて四国旅行に行きました。
社内で香川の人間が居たのでどのうどんが美味いか聞いて行ったのですが…正直イマイチでした。
なので、自分も美味いと思うお店で彼女に食べて貰いたかったのですが、私も彼女もとても美味しく食べることが出来、満足してくれました。




【知人の評判】
私と彼女の両親と会社の事務員にそれぞれお土産として、宮武うどんの半生のモノを渡しました。
その場で食べるモノと違い、少し加工されてるモノなのでどうかと思っておりましたが、とても美味しく食べれたとの事です。




【他との比較】
私がうどん屋の評価として、平均としてるモノが丸亀製麺になります。
品数も結構重要視してはいますが、こちらのうどんはそこまでのうどんの品数は多くありません。
ですが、他のお店との違いとしては『あつあつ』『ひやひや』『あつひや』『ひやあつ』と同じうどんでも4種の好みが選べます。
(めんの熱さ、出汁の熱さ)
釜揚げ、かけ、醤油 の3種ですが、うどんの良さを活かす意味ではこれだけの種類でも充分かと思います。




【価格と満足度】
うどん2種とトッピング4種でお会計970円でした。
彼女の分も払うつもりでいたので、レジでオーナーに『まとめて会計してください』と言ったら、『970円』と言われたのでびっくりしました。
てっきり、私が言ったことが聞こえてないと思い、2回言いましたが、2人分で970円。
もう、大当たりです。




【期待すること】
味や店構えに関してはいう事は一切ありません。
強いて言うのであればトイレに一つ注文があります。
お店の中に男女別で一つ、店の裏に一つあり自分は店の中のトイレを使いました。
トイレは和式便所に便座を被せて洋式風にしてる形でした。
基本和式でしない私からしたらこのタイプでも良かったのですが、年末ということもあり寒いので便座が冷たいのが難点でした。
私は小しかしませんでしたが、ウォシュレット等もあれば良いなぁと個人的に思います。



自分達が当たり前に食べてるお米がこっちではうどんだと言う様な、スルスル食べてしまう美味しさです。
あと、これは私の偏見ではありますが、トッピングの品数が多いうどん屋というのは、トッピングのクオリティよりも品数で勝負というようなイメージがあります。
出来合いのモノをただ揚げたり、冷凍食品を揚げただけの様な味がしてならなかったのですが、全く妥協してませんでした。
オススメのカニカマの天ぷらは勿論なのですが、チーズコロッケも抜群で彼女と揃って美味しいと言い合いました。

宮武うどん
香川県高松市円座町340
男性・34歳・会社員
香川県高松市「宮武うどん」。透き通った優しい出汁は、間違って化粧品として塗っても問題ないほどの優しさ!うどんは勿論、トッピングにも妥協一切なし!絶対食べるべし!