香川県善通寺市「灸まんうどん」。県民も絶賛する出汁!食べてほしい「肉うどん」

香川県善通寺市「灸まんうどん」。県民も絶賛する出汁!食べてほしい「肉うどん」

【店名】
灸まんうどん
【所在地】
香川県善通寺市大麻町

【性別】女性
【年齢】22歳
【職業】大学生


【お店を知ったきっかけ】
よく通りがかって気になっていたが地元を離れたため食べる機会はなかった。
帰省した際に家族に連れて行ってらったことがきっかけ。

【誰と行ったか】
家族と行きました




【お店の雰囲気】
ゆるやかなカーブの道沿い。
少し入りにくいが駐車場はまま広く50台程度は停められるように思う。
昔ながらのうどん屋という外観。
座敷とテーブル席があり100人ほどは同時に入れるぐらいの規模。
支払いは現金。
水はセルフでお茶もありました。
店員は明るく丁寧で地元のおばちゃんが多い感じ。
土日のお昼どきは行列ができるが、店外まで伸びるほどではないと思う。

【注文したもの】
肉うどん




【感想】
注文口であつあつの肉うどん(小)を注文し、テーブル席で頂きました。
白い器に黄金色の出汁はカツオベースで、その見た目の濃さに対して優しい味わいがしました。
麺の上のお肉は他店でよく食べられる牛丼風味のものではなく、もう少し甘辛い味付けがされていました。
出汁とお肉の甘辛い感じがよく合います。
麺には香川県産小麦が使われているようで、コシがあり食べ応え抜群でした。
香川県出身なので他県の人よりはうどんを食べているし評価も厳しめな自信がありますが、灸まんうどんの肉うどんは他店とは格が違いました。
また、個人的に肉うどんの具としてタマネギが含まれてるものが苦手なのですが、灸まんうどんの肉うどんはストイックに肉とネギしかのっていないので、そこも良かったです。




【他のメニューやトッピングなど】
れんこんの天ぷら。
お酒はおいていません。
卓上には七味と醤油とソースがおいてあります。
楊枝、箸、ティッシュも卓上にあります。
最近ではアクリル板、アルコールスプレーもおかれています。
おでんもたくさん種類があって、うどんを注文するところの横にあります。
注文より先に取るタイプです。




【エピソード】
家族と伺いましたが、全員肉うどんを注文しました。
私は七味を加えませんでしたが、弟が加えていたので、終盤に交換して七味を加えた肉うどんも食べてみました。
優しい味の出汁に七味のピリッとした感じが組み合わされて、こちらもとてもおいしかったです!弟も七味を加えていない肉うどんの、お出し本来の味わいを楽しんでいました。
次回は七味を加えて食べてみたいなあと感じました。




【知人の評判】
帰省するたびに灸まんうどんに行っていますが、気になってはいるが行ったことがなかった、という友人を連れて行くと私が初めて肉うどんを食べたときと同じ反応をします。
他店のうどんと比べて出汁の奥深い味わいが癖になると言っていました。




【他との比較】
先ほども述べましたが、他店の肉うどんにのっている肉は牛丼のような味付けがされていることが多いのに比べて、灸まんうどんの肉は、牛丼の肉とは違う甘辛い味付けがされています。
また、いうまでもなく麺のコシは市販のうどんよりも格段に強く、食べ応えがあります。
出汁もカツオをベースとした単純なものではなく、いりこのような風味も加わった奥深いもので、何度も食べに来たくなる味わいがします。




【価格と満足度】
小で470円でした。
昔はもう少し安かったようです。
香川県では高いほうかもしれませんが、値段以上の満足感が得られます。




【期待すること】
コロナ禍で経営が厳しいかもしれませんがぜひいつまでもお店を継続してほしいです。
おでんの機械の中に何が入っているかが分からないのでメニューを設置していただけると助かるかな、と思いました。
また、トイレが店外にしかなく、少し暗くて古びた印象なので、観光で来られた家族連れの方等には向いていないような気がします。



うどん屋に来たらかけうどんをとりあえず食べる、という人が多いかもしれません。
しかし灸まんうどんに来たらまず肉うどんから食べてほしいな、と思います。
また、灸まんうどんの天ぷらは種類が豊富で、店頭になくても言うと揚げてくれることがあります。
そんな丁寧・親切な接客もこのお店の魅力の一つです。
灸まんうどんには地元の方も良く来られているようで、常連さんに話しかけている気さくな店員さんを見ていると温かい気持ちになります。

灸まんうどん
香川県善通寺市大麻町
女性・22歳・大学生
香川県善通寺市「灸まんうどん」。県民も絶賛する出汁!食べてほしい「肉うどん」