大阪府茨木市のうどん「たつみや」。本当の大阪うどん「おうろん」を食べたければこの店に行くべし

大阪府茨木市のうどん「たつみや」。本当の大阪うどん「おうろん」を食べたければこの店に行くべし

【店名】
たつみや
【所在地】
大阪府茨木市阪急本通商店街内

【性別】女性
【年齢】33歳
【職業】自営業


【お店を知ったきっかけ】
同僚の家に泊まった際に「上手くて安い店があるよ」と言われたのがきっかけです。
「ここのうどんは博多に通ずるね」とも言われてウキウキしながら向いました。

【誰と行ったか】
茨木市に住む同僚




【お店の雰囲気】
阪急本通商店街という商店街の、阪急茨木市駅側の出入り口付近にあるお店で、昭和初期から中期を彷彿とさせる店構えが渋くて好みでした。
カウンタータイプだけで椅子はありませんが、背が低い人や子どもようにテーブルも設置されています。
水はセルフだと思います。
厨房に近いカウンターだと水を入れてもらえてテーブルや遠いカウンターは自分で淹れるのだと思います。

【注文したもの】
天ぷらうどん




【感想】
1番の驚きはうどんそのものです。
コシがないんです。
これにはだいぶ驚いて、ほうとう鍋のほうとうの方がコシがあるくらいです。
太さは、極端に太くもなく素麺のような細さでもなく、中太の気持ちちょっと細いかも?くらいの太さ(鉛筆くらいの太さ)でした。
次に出汁がとても美味い。
シンプルで調味料も添加物もないのがよくわかる味で、でも薄くないので満足感が半端ないです。
麺も出汁も熱々だけど外で食べているようなものなので、熱くて食べにくいとは思いませんでした。
量も洒落た店のように足りないということもなく、流行りのデカ盛りでもないので、丁度いい1人前でした。
出汁のいい香りをアロマにして持って帰りたいくらい美味しかったです。




【他のメニューやトッピングなど】
卓上にあるのは一味か七味だけで、他はありません。
私が利用した席がたまたまなかったのかもしれませんが、必要のないくらい美味しかったので問題はありませんでした。
うどん以外はおにぎりと稲荷が残っていたら注文できるスタイルでした。




【エピソード】
とてもよく考えられた品物ばかりなのだと思いました。
私は天ぷらうどんを頼みましたが、細いエビの周りにたくさんの天ぷらの衣がついた状態のもで、他店なら絶対に食べませんが「たつみや」は、つるっと食べられるのが売りなのだとおもいます。
だから他のうどんメニューも飲み込めるくらいに具材が刻んであったり、サイドメニューのおにぎりたちは硬めに炊いて握って食感の違いを出して、満腹感を上げるようにしているのだと思いました。




【知人の評判】
「ここは市民で知らない人はいないよ」と満面の笑みで言っていました。
コシのない「おうろん」なので小さい頃から高齢者になっても食べに来れるので、親子3代どころではないようです。
味もシンプルでお袋の味に近いと言っていました。




【他との比較】
やはり出汁は格別で、本物の鰹と昆布から出汁を摂っていて昔ながらの大阪の味に限りなく近いのだと思います。
下手に調味料も入っていません。
なので出汁だけでも何杯もおかわりしてしまいそうになるのに、うどんがコシのない「おうろん」なので出汁とともに胃の中へと吸い込まれてしまいます。
市販のものは味付け(調味料入り)なのでより差がハッキリしますね。




【価格と満足度】
私が頼んだ天ぷらうどんは330円でしたが、これ以上高い品物はありませんでした。
鰹と昆布で出した出汁でこの価格は安いと思いますし大満足です。




【期待すること】
同僚の話では、以前より清掃がよりなされている状態だということなので、私から店へ変化を求める場所はありません。
古くからある店はどうしても清潔感や清掃した後の状態を維持するのが難しいものですが、老舗になればなるほど行き届いているものだという持論があるので、「たつみや」は間違いなく本物の美味い店に間違いありません。



友人の中に無類のうどん好きがいて「おうろん」を探していたので確実に自慢します。
素朴で、飽きのこない、毎日食べたいの三拍子が揃っているので、友人の好みにあっていると思うので、今も話したくてうずうずしています。
出汁も最後まで飲めて最高だし、店も風情や情緒があるので、写真も撮りまくりだろうなと一緒に向かった時の反応が目に浮かびます。

たつみや
大阪府茨木市阪急本通商店街内
女性・33歳・自営業
大阪府茨木市のうどん「たつみや」。本当の大阪うどん「おうろん」を食べたければこの店に行くべし